酉の市

毎年、11月の酉の日に、鷲神社で行われる祭礼を「おとりさま」と呼びます。
この日には神社の境内に市が立つので、酉の市と呼ばれてきました。
鷲神社はもともと武運長久の神として、武士の信仰を集めていましたが、江戸時代になって祭礼の市で農耕具を並べたところ、福をかき集める、金銀をかき集めるなど縁起物として、とくに熊手が人気品になりました。
さらに七福神やお多福面、宝船などの縁起物や、黄金餅という粟餅、ゆでた八つ頭なども酉の市で売られるようになりました。
武運長久の神としてより、商売繁盛や開運の神として、広く信仰されるようになっていきました。

酉の市では、縁起物は安く買うほど縁起がいいということで、売り手と買い手の間で値段のかけひきが盛んに行われます。
商談が成立すると、威勢のよい三本締めが行われます。
酉の市ならではの風習です。

ちなみに、暦の上で11月に酉の日が2回の年と3回の年があります。
「三の酉まである年は火事が多い」といわれます。
これは、ひと月に3回祭礼があるということで、日常生活がゆるまないように、気を引き締める意味あいがあったようです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved