衣替え

6月1日になると、学校や職場の制服が、夏服に替わります。
かつて和服だったころ、この日に裏地をつけた袷(あわせ)から、裏地なしの単衣(ひとえ)に替えた風習がいまに残ったものです。
衣替えは更衣ともいいます。

平安時代の宮中で4月と10月の1日に行われており、とくに4月1日の更衣を綿貫といいました。
綿入りの衣服から綿を抜いたことによるといいます。
しかし、4月に単衣に替えるのは気候的に合ってなかったので、江戸幕府は4月1日から5月4日までと、9月1日から9月8日までは、防寒用の綿入れを着るという、1年に4回の衣替えを取り決め、民間でもそれに準じて衣替えをするようになりました。

明治時代になって和服から洋服を着るようになったので、政府は6月1日を夏の衣替え、10月1日を冬の衣替えの目安としました。
現在では、その年によっても気候の違いがあるので学校など以外では、厳密ではなくなってきています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved