花祭り

毎年4月8日に行われる行事に花祭りがあります。
これは釈尊、お釈迦様の誕生日とされる4月8日を祝う行事で、もともとは潅仏会(かんぶつえ)仏生会(ぶっしょうえ)とも呼ばれていました。
この日はほとんどのお寺で、境内にいろいろな花で飾った花御堂という小さなお堂を作り、木盤の上に釈迦の立像を置きます。
参詣人は、この釈迦像の頭上に、竹杓子で甘茶を注いで拝むのが習わしとなっています。
甘茶を注ぐのは、お釈迦様が生まれたとき、天から九頭の龍がきれいな水を吐いて、産湯につかわせたという伝説によるものです。
花祭りはインドで起こり、日本には奈良時代に伝わってきたといわれます。
当時は釈迦像に5種の香水を注いでいましたが、江戸時代になると甘茶をかけるように変わっていきました。
参詣人がこの甘茶をいただいて帰り、この甘茶で墨をすって、「千はやぶる卯月八日は吉日よ 神さけ虫を成敗ぞする」と紙に書いて、蚊帳のつり手に結びつけたり、戸口に逆さに貼っておくと、虫除けになるともいわれました。

ちなみに花祭りといえば、長野県、静岡県、愛知県などで行われている霜月神楽を指す場合もあります。
こちらの花祭りは花神楽ともいわれ、神前で演じる舞楽の一種です。
かつて旧暦11月に行われていましたが、現在では1月初旬に行われています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved