節分

2月3日の節分には、豆まきをします。
神社やお寺でも、その年の干支生まれの年男たちが、集まった人たちを前にして豆まきをしたりします。
もともと節分とは、立春、立夏、立秋、立冬など、季節の改まる前日のことを呼びました。
しかし、しだいに立春の前日だけを節分と指すようになりました。
この立春を境にして、暦の上では翌日から春になります。
平安時代に柊の枝にイワシの頭を刺して家の門にかかげる、節分特有の飾りも広まっていったようです。
柊は毒草でトゲがあり、またイワシは生臭物であったため、魔除けの効果があると信じられたのです。
豆まきの行事が定着したのは室町時代中期以降のことで、江戸時代になると、現在のような豆まき行事が一般庶民の間にも広まりました。
本来は大晦日の行事でした。
旧暦では新年が春から始まるため、立春前日の節分の行事に変わっていったということです。

「福は内、鬼は外」と大声で豆をまくのは、季節の変わりは、鬼などの妖怪や悪霊が集まり、疫病や災いをもたらすと考えられていたためです。
豆をまくことによって自分の家から鬼を打ち払おうとしたのです。
煎った豆は福豆と呼ばれ、その豆をまき、自分の年齢の数だけ食べることで、邪気を追い払い、病に勝つ力がつくと考えられました。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved