端午の節句

5月5日に行われる行事が端午の節句です。
男の子のいる家では鯉のぼりを立て、五月人形を飾り、ショウブ湯に入ったりします。
この行事は、中国から始まり、ショウブやよもぎを門につるしたり、ショウブ酒にして飲むなどして、邪気払いをしてました。
これが、日本に伝わって端午の節句になります。
もともと日本では、端午の節句は女の子のお祭りでした。
田植えが始める前に、早乙女と呼ばれる若い娘たちが5月忌みといって田の神のために仮小屋や神社などにこもってケガレを祓い清めていたのです。

男の子の祭りに変わったのは平安時代からで、宮中では馬の上から矢を射たり、競馬などの行事が行われていました。
端午の節句で使われるショウブが、武事を尊ぶ尚武や勝負にも通じることから、男の子がショウブを頭や体につけたり、ショウブでつくった兜で遊ぶようになり、男の子を祝う行事に変わっていきました。
江戸時代になると、武家人形を家の中に飾るようになり、中国の故事にあやかって、子供の出世を願うために鯉のぼりを立てるようになりました。

端午の節句にはちまきや柏餅を食べる習慣があります。
ちまきを食べるのは、中国の伝説に由来します。
古代中国・楚の詩人の屈原(くつげん)が5月5日に川に身を投じて死んだことを人々が悲しみ、命日には竹筒に米を入れて投げ込んでいました。
ある年屈原の幽霊が現れ、「米を龍に取られるので竹ではなく、龍が嫌うチガヤの葉で包んで糸で結んでほしい。」といった話が伝わって、この日にちまきを食べるようになったとのことです。
柏餅は、柏が新しい葉が生えないと古い葉が落ちないことから、後継ぎが絶えないとの願いが込められているともいわれます。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved