盆踊り

もともと盆踊りは、お盆のときに精霊がこの世に戻ってきたのを供養するために踊ることを意味します。
盆踊りの原型は、鎌倉時代、時宗の開祖・一遍上人(いっぺんしょうにん)が広めた念仏踊りと、先祖供養が結びついたのが始まりのようで、やがて笛や太鼓でにぎやかに囃すようになり、そろいの衣装で踊るなど、変化に富んでいきました。

江戸時代になると歌や三味線なども加わり、一層娯楽性の強い行事になりました。
盆踊りには、行列踊りという、列を組んで歩きながら踊る念仏踊りや大念踊りなどがあります。
その代表的なものが阿波踊りです。
また、櫓を中心にして、その周りを踊る輪踊りも一般的ですが、この踊りは古代日本で神様か降りてきたところを中心に、輪を作って踊った名残とされています。
いまでは、旧盆、新盆関係なく夏の間じゅう、盆踊りの太鼓の音や歌声が聞こえてきます。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved