恵比寿講

主に商家が商売繁盛を祈念して、恵比寿神を祭る行事が恵比寿講です。
毎年1月と10月の20日に行われ、恵比寿講、夷講、二十日恵比寿などとも記されたりします。
地域によって、1月10日や12月8日に行うところがあります。
10月20日を商人えびす、12月8日を百姓えびすとも呼んだりします。
七福神の一神である恵比寿様は、商売繁盛のみならず、漁村では豊漁をもたらす神として、農村ではかまどや田の神として、古くから篤く信仰されてきました。

関西には、正月10日を十日夷と呼んで、大阪商人が仲間を招いて祝宴を催したり、恵比寿様と縁が深い西宮神社か今宮夷神社に、初詣をする習わしがあります。
この日は、笹が1年中枯れないことから、繁盛をもたらす縁起物として、笹の飾り物が飛ぶように売れるということです。
関東では、田の神として信仰を集め、恵比寿様に田植えの後の苗を供えたり、稲刈り後の稲を供えるなどしました。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved