年越しそば

大晦日の年越しの夜に、除夜の鐘を聞きながら、年越しそばを食べるのが一般的です。
この風習は、江戸時代の町人の間で始まったといわれます。
そばのように細く長く長寿であるようにという願いが込められているといいます。

また、金銀細工職人が仕事場に飛び散った金粉を、そばを練って作っただんごで集め、それを焼いて金粉を取り出したことから、そばは金を集めるという縁起物の意味もあったといいます。

当初は、大晦日にそばだんごを食べていました。
やがてそば切りを食べるのが一般的となりました。
年越しそばに添えられる刻みねぎは、ねぎの語源「ねぐ」からきていて、祈るという意味があります。
ねぎを添えることで長寿や祈願するといわれます。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved