年の市

年の暮れの13から23日ごろまで、各所に正月に関係ある飾り物や羽子板、縁起物などを売る年の市が立ちます。
江戸時代から盛んになりました。

特に有名なのは、江戸の浅草寺や神田明神など参詣人が集まる社寺の境内や門前などに立つようになりました。
地方都市でも年末になると各地に年の市が立って、周辺の農漁村などから、正月の準備のために多くの人が集まってきます。
自分たちが作った飾り物やほうき、縁起物などを売る人もいて、農漁業の収入を補い重要な収入源となってました。

東北地方などは、年末ぎりぎりになってからだったので、詰市と呼びます。
市によっては、売れ残りのものを捨て値で売ることから捨市と呼ばれます。
年の市で有名な世田谷ボロ市は、戦国時代の楽市から続く由緒あるものです・

楽市・・・誰でも自由に店を出せる市


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved