土用の丑の日

土用とは、雑節に基づいた暦で、立春、立夏、立秋、立冬の前の各18日間を呼びますが、一般的には立秋の前18日間の土用を指します。

1年の中でも一番暑い時期にため、江戸時代には、この間の丑の日をとくに土用の丑の日と重視して、薬草が入った風呂に入ったり、お灸をすえたりする夏バテや病気回復などに効き目があるとされていました。
また、丑の日にちなんでウのつくもの、例えばウリ、ウナギ、ウサギ、梅干などを食べると体に良いとも信じられていまいした。
現在のように、ウナギを食べる習慣は、江戸時代に蘭学者であった平賀源内が、ウナギ屋の宣伝策の一環として広めたといわれています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved