初午

2月最初の午の日を初午といいます。
全国的にさまざまな祭りが行われます。

もともとは和銅4年の2月午の日に、京都の伏見稲荷大社で祭礼が行われるのを祀ったのが最初といわれます。
その後、縁日として全国各地に稲荷神社で祭礼が行われるようになりました。

稲荷神社の「稲荷」とは「いね・なり」からきているともいわれています。
もともとは五穀豊穣の神を祀る神社でしたが、やがて広く信仰されるようになりました。
都会では商売の、漁村では豊漁の守護神として、いまでも多くの人の信仰の対象となっています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved