八十八夜

よく知られた茶摘の歌に「夏も近づく八十八夜・・・」いう歌があります。
八十八夜とは、立春から数えて八十八日目にあたり、現在でいえば、5月2日ごろになります。
実際、歌にうたわれているように、この日に摘んだ茶の葉は上等とされています。
八十八夜は、農村では田の苗代作りや、畑作物の種まきを始める重要な時期です。
特に八十八夜の別れ霜といわれるように、霜による農作物の被害から開放されるときです。
八十八は漢字の米に通じ、末広がりの八が重なる縁起の良さも加わって、昔から農事の目安とした日でした。
この日は、田の神に供え物をして農作祈願もしました、
農事だけでなく、瀬戸内海では魚島時(うおじまどき)といわれ、この日は豊漁期に入る目安とされていたとのことです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved