七夕

7月7日に行われる七夕は、日本に伝わる棚織津女(たなばたつめ)の話と、中国に伝わる牽牛星と織女星の伝説の2つの話に基づいています。
日本の棚織津女の物語は、村の厄災を除いてもらうため、棚織津女が機屋にこもって、天から降りてくる神の一夜妻になるという話。
中国の牽牛星と織女星の伝説は、夫婦であった牽牛と織女が天帝の機嫌をそこね、天の川をはさんで引き離されてしまい、1年に1度だけ、7月7日の夜天の川にかかる橋で会うことを許されたという伝説です。

この中国の伝説が奈良時代に伝わり、日本に伝わる棚織津女の話が合わさり、現在の七夕が生まれたと考えられています。

短冊に願いを書き、笹竹に結び付けて七夕の飾りをします。
江戸時代には、習字が上手になるようにとの願いからも寺子屋などで盛んに行われました。
その後学校などでも、学問や技芸の上達を願う行事として広まっていきました。
七夕祭りの翌日には、祭りに使った笹竹や飾りなどを川や海に流してケガレを祓う七夕送り、七夕流しという行事を行うほか、流しびなのように人形を流す地域もあります。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved