ひな祭り

3月3日に行われるひな祭りは、女の子の節句です。
雛人形を飾り、白酒、菱餅、ハマグリの吸い物などで祝うのが一般的です。

古代中国には、3月最初の巳の日に川に入ってケガレを清める上巳節(じょうしせつ)という行事がありました。
それが、日本に伝わり、室町時代の貴族の女の子たちの人形遊びである「ひない祭り」が合わさって、ひな祭りの原型ができました。
いまでも一部の地域に残る流し雛の風習は、この由来にならって、子供のケガレを雛人形に移して、川や海に流したことから来ています。

近世の安土・桃山時代になると、貴族から武家の社会に伝わり、江戸時代には、庶民の間に広まっていきました。
そのころには、ひな段に雛人形を置くとともに桃の花を飾るという現在のひな祭りに近い形になりました。
桃の木は、中国で悪魔を打ち払う神聖な木と考えられていたので、ひな祭りで飾られるようになったといいます。
ところで、俗に雛人形はあまり長く飾ると女の子の婚期が遅れると考えられ、ひな祭りがすんだ翌日以降、早く片付けるべきといいます。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved