お月見

旧暦の8月15日、現在の9月18日前後は、満月に当たります。
この日を十五夜と呼びます。
満月におだんごなどの供え物をして、お月見が催されてきました。
旧暦では8月を中秋と呼んでいたので、中秋の名月ともいいます。
月を観賞する習慣は、すでに唐代の中国で行われていて、野菜や果物などを供えて月を拝み、観賞したという記録が残っています。

平安時代ごろに日本に伝わり、貴族階級の間で行われていましたが、やがて一般庶民にまで広まって全国的な行事となりました。
農村では、豊作を祈って、畑でできた秋の収穫物、とくに里芋を供えたことから芋名月とも呼ばれます。
ちなみに旧暦の9月13日、現在の10月中旬の月見を十三夜といいます。
この時期は秋の収穫を祝うという意味もあり、豆や栗などの作物を供えました。
そのため豆名月とか栗名月などとも呼びます。
現在、十三夜の風習は薄れてきました。
かつては、十五夜と同様に十三夜の月見も重要な行事でした。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved