お彼岸

3月の春分の日をはさんで、前後3日ずつの一週間を春のお彼岸といいます。
春分の日は昼夜の長さが同じで太陽が真西に沈みます。
そのため仏教で西方遥かかなたにあるといわれる極楽浄土にちなんで、この日に仏事をするようになりました。
彼岸とは、仏教用語で向こう岸という意味です。
一切の悩みを捨て去って悟りの境地の達することをいいます。
ちなみに、生死の苦しみに迷う現世が此岸(しがん)です。

この仏教思想に、日本古来の祖先信仰が合わさって、お彼岸行事が生まれました。
お彼岸中、お寺では彼岸会(ひがんえ)という法要が行われ、読経・説法などをします。
檀家の人たちは、お寺で説法を聞いたり、お墓参りをして、団子やぼた餅を仏前に供えます。
同じく秋の彼岸は、9月の秋分の日をはさんだ前後3日ずつです。
春の彼岸と同様、祖先を供養し、故人をしのんできました。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved