帯祝い

帯祝いは着帯祝いともいいます。
いまではどちらの言葉もあまり聞かれませんが、妊娠5ヶ月目に妊婦が、岩田帯と呼ばれる腹帯を巻くお祝いのことです。
この儀式は、妊娠5ヶ月目の戌の日を選んで行います。
なぜ戌の日かというと、犬は多産で、お産が軽いことにあやかるようにとの願いが込められているからです。
仏教で犬は、人の霊魂があの世とこの世の境界で行き来するのを守る役目とすると考えられていました。

江戸時代ごろから戌の日に行われるようになりました。
この日のために、妻の実家から岩田帯に使う白木綿のほか、米や小豆なども贈り、帯役という子宝に恵まれた夫婦に立ち合ってもらうのが一般的です。
当日は、妊婦に岩田帯を巻き、家族や親しい人たちと赤飯などを食べてお祝いします。
もともと岩田帯は、斎肌帯(いはだおび)から変化した言葉です。
「斎」は「忌み」という意味で、かつて出産はケガレと考えられたので、この腹帯を肌に着けて安産を願ったのです。
そうした信仰のほかに、岩田帯はお腹の胎児を守り、妊婦の腰痛や冷えから防ぐ役割もしました。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved