初誕生祝い

生まれて初めて迎える満1歳の誕生日には、両家の親たちも集まり盛大に祝いました。
この日のために餅をつき、縁起を担いで力餅と呼んだほか、地域によっては、1升餅風呂敷に包んで子供に背負わせ、あまりの重さに子供が泣くと、泣けば泣くほど元気な子供になるとして祝いました。
「立ったら餅」「ぶっころばし餅」などともいいました。
初誕生祝に餅を背負わるのは、早く1人歩きができるようにとの願いが込められているといいます。
または、初誕生日前にあまり早く歩き出すのを嫌う風習があったためともいわれます。
いずれも子供の健やかな成長を願っての行事には変わりありません。
ちなみに初誕生祝いのお膳には、餅のほかに赤飯や尾頭つきの鯛などを供えましたが、最近はバーズディケーキに取って代わられています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved