お食い初め

生まれて100日目で行う儀式がお食い初めです。
子供が一人前の人間として成長し、一生食べ物に困らないようにとの願いが込められているといわれます。
初めて母乳以外の食べ物を箸を使って与えることから箸初め、箸祝いとも呼ばれています。
地域によっては、100日目に行うので百日(ももか)ともいいます。
子供のために、新しい茶碗、お膳、箸など用意します。

正式な祝い膳は、一の膳、二の膳とあります。
一の膳には、握り飯、鯉か鯛などの焼き魚、梅干と小石を添えます。
二の膳には、白い餅を添えます。
一の膳に添える小石は、氏神の境内から拾ってきたもので、子供の名前書き、お食い初めの後で拾ってきた氏神に納めます。
小石を添えるのは歯固めの意味が込められているといいます。

現在のお食い初め、生後100日から120日目ごろに行うのが一般的です。
お膳は大人向けのお膳なので、子供には、形だけ食べるまねをさせて、儀式を終えます。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved