お七夜

赤ちゃんの出生7日目になると、夫婦のほか両家の両親などが集まって、お七夜というお祝いをしました。
もともと平安時代の貴族階級では、こどもが生まれた日を初夜、3日目を三夜、5日目を五夜、7日目を七夜、9日目を九夜といって、奇数日に出産を祝う「産立の祝い」の行事をしていました。
それが、江戸時代に、七夜だけが行事として残り、この日を名づけ披露としてお七夜と呼ぶようになりました。

とくに徳川家では、お七夜を命名の儀として、諸大名から祝い品を受け取るなど公式行事にしたので、庶民の間にも広まったといいます。

命名当日は、奉書紙などの中央に墨で「命名 ○○○」と決めた名前を書き、左側に誕生年月日を書きます。
その紙は、神棚の下や床の間の柱などに貼り下げるのが通例です。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved